住宅ロー マンション 任意売却

住宅ローンの返済が残っているマンションを売ることはできるか?

住宅ローンの返済が残っているマンションには、債権者となる銀行や公庫の抵当権が設置してあり、勝手に売却することはできません。
マンションを売却するには債権者である銀行や公庫の了承が必要となります。

 

マンションの現在相場が住宅ローンの残高を超えていれば問題ありませんが、一般的には住宅ローンの残高のほうが大きいケースが殆どです。ですから、マンションを売ったとしても住宅ローンが残ってしまうため、その支払いをどうするのかを決めてからでなくては許可は下りません。

 

 

この場合、通常の売却よりも非常にデリケートな交渉も必要になります。
住宅の持ち主である債務者が銀行へ行って抵当権をはずしてくれとお願いしたところで、そう簡単に了承してはくれません。
銀行担当者の立場も理解した上で、交渉を進める必要があります。

 

まずは、任意売却のネットワークを持って、経験豊富な業者に相談してみることをおすすめします。

 

信頼できる任意売却業者選び

更新履歴