引っ越し費用を出すには?

引っ越し費用を出すには?

任意売却が成立すると元住人は退去しなければなりません。

 

これは世間的にはただの『引っ越し』となります。

 

引っ越し費用は、その規模と時期と距離によって大きく異なるので、ここで金額を提示することはできません。

 

ただ統計的には債権者が認める引っ越し代の目安は約30万円と言われています。

 

しかし、この引っ越し代は債権者が負担する必要はないものです。

 

法的にまったく負担の必要がないものなのです。

3つの頼れるプロ

それでも一般的に債権者のほとんどが任意売却の際の引っ越し代を負担してくれています。

 

よってこれは債権者との交渉ということになります。

 

少しでも多くの引っ越し代を認めさせるにはそれなりの交渉力が必要です。

 

いわゆるその道のプロに依頼することが望ましいと考えられます。

 

『弁護士』『司法書士』『任意売却専門業者』などがそれに当たります。

剰余金の発生

他にも考えられる引っ越し代の捻出方法はいくつかあります。

 

例えば、『剰余金の発生』です。

 

これは稀なケースかもしれませんが、住宅を任意売却することによって残された債務よりも売却額が高くなるという状態です。

 

この売却金を手にすれば、残された債務を完済するとともに、お金が余ることになります。

 

これが『剰余金』です。

 

このお金を引っ越し費用にあてがうと良いのではないでしょうか。

任意売却期間中の貯金

他には『任意売却期間中の貯金』です。

 

任意売却が始まると、ローンの返済は止まります。

 

その間に貯金をするわけです。

 

ローン分が浮くことを考えれば引っ越し費用程度の貯金は簡単に感じるかもしれません。

 

しかし、実際には引っ越す先が賃貸であることがほとんどなので、新たな『敷金・礼金・家賃・諸費用等』が必要になります。

 

そういう先のことも考えて行動しなければなりません。