自己破産を考える

自己破産を考える

多重債務により、悩み苦しんで生活をしている方は自己破産を考えてしまうでしょう。
ですが、自己破産という言葉は知っていても内容までは詳しくわからないという方が多数ではないでしょうか。
では、自己破産とは一体どのようなものなのか。

 

自己破産とは

 

自己破産とは借金を消す制度だと認識していると思いますが、本来は事件扱いの”破産宣告”と、”免責の許可”このふたつが合わさって、初めて借金がなくなるわけです。

 

事件の当事者だと考えていただければ、わかりやすいと思います。

 

この自己破産とは究極の債務整理方法だと言われていますが、果たしてそうなのでしょうか。

 

借りたものを返さずに借金がなくなる為、簡単に考えられているように思います。

 

通常は自己破産後に借入はできないのですが、なんとかして借りようと考えて同じ結果を招く人も存在します。

 

結局はお金についてちゃんと考えなければいけないということです。

自己破産費用(弁護士)

以前は弁護士会内の規定では20万円以上というラインが設けてあったそうですが、現在は廃止され自由に金額設定されている弁護士さんが多いようです.。
ですが、この金額が一つの基準としていまだ使われています。

 

また分割払いで月に5000円づつの支払いが可能のようです。

 

金額の高い安いで選ぶのではなく、内容で選ぶのがひとつの基準ではないでしょうか。

 

自己破産とは生活を再度スタートさせる為の手助けであり、自分の状況を再度理解する為の制度ではないでしょうか。