住宅ローンが残っている実家を相続した場合

親が住んでいた住宅ローンが残っている??

親が住んでいた住宅ローンが残っている実家を相続した場合はどうなってしまうのでしょうか。

 

所有権が親名義で、親が主債務者である住宅ローンを組んでいた場合の話です。

 

 

通常の相続(単純承認といいます)をした場合には、

 

所有権は、もちろん相続人が各相続割合に応じて相続します。

 

遺産分割協議を別途行った場合には、

 

その協議で決まった割合を相続します。

亡くなった親が住宅ローンの主債務者であった場合??

では、亡くなった親が住宅ローンの主債務者であった場合にはどうなるのでしょうか。

 

亡くなったことを理由に借金がなくなるのでしょうかというと、

 

そんなことはありません。主債務者の立場も相続人が相続します。

 

つまり、今度は相続人が主債務者として返済を続けていくことになります。

 

これが基本です。相続人が払わなくてもいい方法はあるのでしょうか。

 

その方法が限定承認という相続の方法です。

 

この限定承認というのは、財産と借金を差引しプラスがあれば

 

その分を相続するというものです。この方法を選択すれば、

 

プラスになった財産を相続することはあっても、

 

親名義の借金を背負うことはありません。