住宅ロー マンション 任意売却

債権者から紹介された会社

住宅ローンが残ったマンションの任意売却

マンションの住宅ローン返済が滞ると債権者である銀行などから住宅ローンの返済方法の変更が提案されます。

 

返済額を変更することで、負担を減らし返済してもらおうということです。

 

そして、返済方法を変えても返済が滞ると任意売却を提案され、専門の会社を紹介されることが多くあります。

 

銀行の方などに紹介されると安心と思ってしまい、紹介された会社と契約する人がいますが、自分で探して契約することをおすすめします。

 

なぜなら、債権者が紹介した会社は債権者側に有利なように任意売却を行う傾向があるからです。

 

債権者としては持ち主の気持ちに立ち、持ち主の負担を減らしたいと思いますが、より多くのお金を回収したいと考えています。

 

債権者に有利な任意売却をされると引越しの費用が出なかったり、毎月支払う金額が多くなったりします。

 

 

ですので、自分で探して自分のために業務を行なってくれる会社を選ぶことをおすすめします。

 

ただ、紹介された会社がすべて持ち主の立場に立って業務を行わないということではありません。

 

利害関係者が複雑なので、任意売薬業者の中には弁護士や司法書士と連携して業務を行なっている会社もあるので、説明だけで決めるのではなく、自分の目で確かめて決めることが大切です。