任意売却の精神的なメリット

任意売却の精神的なメリット

どうしても住宅ローンを返すことができなくなってしまい、任意売却を検討される方は少なくありません。住宅ローンを支払うことが不可能となってしまった場合に、取りうる手続きとしては競売と任意売却です。

 

競売は、違法な闇金業者などが関与している場合には、一定の強制力を働かせることができるので、権力を使い確実に手続きを進めることができる点ではメリットがあります。

 

しかし、任意売却の場合には、お金が手元に残る可能性があるなどメリットが多いと言われます。さらに加えて、任意売却の場合には精神的なメリットもあると言えます。

 

まず、プライバシーです。競売の場合は民事執行法で「内覧」制度が設けられているため、家を見に来るということがあります。これでは生活が安心できないばかりか周囲に競売中ということが知れ渡ってしまい、屈辱感が生じるとも言えます。

 

これに対して、任意売却はあくまでも一般的な不動産売買となりますので、特定の買主が現況を見に来ることがあっても競売のように不特定多数の人が見に来ることはありません。

 

また、任意売却では家の所有者はあくまでも所有者として主導的に家を売却できます。競売の場合には裁判所主導の手続ですので、最悪の場合には執行官にご自宅から引き出されることもあり、たいへん辛い思いをされる可能性があります。

 

このような精神的な面からも任意売却はメリットが大きいと言えます。