マンションの任意売却を相談する弁護士、司法書士

マンションの任意売却を相談する弁護士・司法書士

法律の専門家に任せれば大丈夫と思ってしまいますが、弁護士は法律の専門家であり、マンション売却の専門家ではありません。

 

マンションの任意売却は不動産の売却なので、最後は不動産会社と売買契約をしなければなりません。

 

 

2度手間です。また、弁護士によっては任意売却に対して否定的な考えを持っている人もいます。

 

そして、弁護士や司法書士に依頼すると相談料や着手金、成功報酬を支払わなければなりません。

 

また、弁護士や司法書士はビジネスの一つとして任意売却を行なっていることが多くあります。

 

この場合、依頼者にできるだけ多くのお金を残すことを目的とするのではなく、債務者にできるだけ多くの金額を弁済し、依頼者の債務を圧縮することが目的になっています。

 

弁護士、司法書士だから依頼者の立場にたって業務を行なってくれるということはありません。

 

適正な価格で早く売却することを目的としています。

 

ただ、自己破産を考えている場合や事業の整理を伴う任意売却である場合、住宅ローン以外にも借入れがある場合は弁護士が必要になるので、そういったときには弁護士への相談が必要です。

 

弁護士に依頼するときは、依頼する弁護士に任意売却の知識があるかどうかを見極め、任せきりにせず、方向性や状況をきちんと伝えてくれる弁護士を選びましょう。