任意売却で住み続ける方法

「借りる」という方法

任意売却をしたら、必ず明け渡して出ていかなければならないのでしょうか。

 

通常、任意売却をした場合、当然通常の売買と同じですから、

 

不動産の所有権が買主に移ります。

 

そして、買主がそこに住むということが一般的であると思います。

 

基本は、上述のとおりなのですが、

 

任意売却後にも関わらず住み続ける方法があります。

 

それは、その不動産を買主から「借りる」という方法です。

 

先ほども書いた通り、任意売却により、所有権は買主に移りますが、

 

その買主から売却と同時に賃貸借または使用貸借する契約を結べばよいのです。

不動産業者に相談

たしかに、毎月の住宅ローンを支払うことができず、

 

任意売却をするに至ったわけですが、

 

その毎月のローンの金額よりも賃料が安く、

 

かつ定期収入もある、そして買主は自分が住むためではなく

 

不動産投資の一環として買ったということであれば、

 

住み続けたい売主と借りてもらいたい買主の利害は一致します。

 

このように打ち合わせをした前提で、

 

任意売却の手続きをすることは可能です。

 

住み続けたいという場合は、その旨を相談先の

 

不動産業者に相談してみてはいかがでしょうか。