任意売却お金はのこるのか?

任意売却お金はのこるのか?

せっかく購入した家を意を決して売るからには、お金は残るだろといった考えがあると思います。
気をつけなくてはいけないのは、余剰金がのこるケースは殆どありません。
では余剰金がでる場合について考えてみたいと思います。

 

物件の価値
物件の価値は間取りや立地で大きく変わってきます。
そして売却する際にそれが強みになるというのは、説明しなくてもお分かりいただけると思います。
総合的な判断を経て、物件の価値が決まりますが、不動産業者により見解は様々でしょう。
市場価値より高い場合もあれば、低い場合もある為、
一概には言えないのが正直なところです。

物件を任意売却する

ローン滞納や、先の支払いの目途がつかないなどの理由で任意売却を考えてしまうかもしれません。
必ず余剰金が発生するという任意売却はある意味、任意売却とは言えないですが、
この余剰金が必ず発生するように売却するという、専門業者の謳い文句を信じたが為に、
結果残債が発生し、精神的に大きなダメージを受けるという可能性もあります。
このような任意売却を行う際は、文面にて契約を交わしたほうが利口だと言えます。

 

実際問題、任意売却にて余剰金が発生する可能性はとても低く、
悪徳の専門業者に騙されるケースも確認されております。
任意売却を行う際には、残債が発生するという覚悟をもって行動し、
余剰金頼みではなく、残債をどうするか考るのが得策だと言えるでしょう。